根管治療は専門の歯医者でなければ治る確率が低くなる

歯医者さんでは、歯の神経を削り取った場合は根の中を消毒し、長く使うために根管治療を行います。しかし根管治療は歯の中の見え難い部分を施術する治療方法で、根管治療専門医が行わなければ治る確率が低くなってしまうので要注意なのです。この根管治療が正確に行われないと何度も感染し、治療を繰り返す結果になります。もちろんその分だけ、歯の寿命も短くなってしまうのです。

最新治療では根管を3次元的に診断するCTレントゲンを使用します。これで複雑な歯の形を正確に診断して適切な治療が可能になりました。2次元レントゲンでは不充分な制度の高い治療を可能にしています。そしてマイクロスコープによる超精密根管治療を行います。最近ではこの最新技術を利用する歯医者さんが増えています。大きな外科手術と同様の手法で治療がなされるのですから、その精度に関しては信頼ができます。こうして完全に歯の根管を滅菌して、密閉する事で再感染を防ぎます。

そして更に唾液検査をもって、口内環境を改善する治療を合わせて行います。根管治療専門の歯医者さんはラバーダムというゴム状の板を被せて、唾液が歯の根管に入り込まないよう処置をします。また、歯の再生力が高いMTAセメントなどの新素材も効果的に利用されて、できる限り元々の歯を損なわない治療技術が開発されています。これまでは、高齢になれば入れ歯を使うのが当たり前だとされていました。ですが現在では生涯を自分の歯で生活する希望が現実味を帯びてきたのです。