最新虫歯治療で歯の寿命を延ばす歯医者さん

近年の歯医者さんは、なるべく自分の歯を残す方向で虫歯治療を行う様になりました。例えば初期虫歯についてみますと、従来ならば歯の表面のエナメル質で繁殖している虫歯菌を削り取り、セラミックや金属で被せ物をしました。ですが、これですと削った表面と被せ者の隙間から再び虫歯菌が繁殖して、更に削り直さなければならないのです。そこで最新治療として、唾液検査を行って虫歯菌が繁殖し難い環境づくりをします。実は虫歯菌は歯磨きやフッ素カーバーでは予防ができません。ちゃんと唾液検査で虫歯の原因を突き止めて、効果的な虫歯予防を採るならば、虫歯の発生を防げることが分かってきました。これが新しい虫歯予防策です。

また、ある程度虫歯が進行してしまった場合は、できるだけ小さな穴から虫歯菌を除去するためにマイクロスコープを使う方法があります。こちらも最新治療法で、多くの歯医者さんで導入されつつある技術です。要するに歯医者さんが顕微鏡を見ながら虫歯治療をします。従来の様に大幅に歯を削り取る事がありませんので、歯の寿命が格段に延びる効果が得られます。

そして歯の神経近くまで進んだ虫歯の場合も、最新治療が開発されています。従来なら歯の神経を抜いていた治療でも、現在では神経を再生させる治療が可能です。MTAセメントを使って神経に入り込んだ虫歯菌を殺菌し、自己再生力を活性化させて歯を再生させるのです。この様に「生涯を自分の歯で生きるための口内ケア」が積極的になされています。もう歯を抜く時代は終わりつつあると言えるかもしれません。

長崎市で最新の設備がある歯医者

垂水区(神戸市)で有名な歯科医院