子供の時期に専門の歯医者で矯正治療を行うメリット

永久歯が生えそろった子供の時期に専門の歯医者で矯正治療を行うケースがあります。幼い時から虫歯があったり、乳歯からの生え変わりでトラブルが生じると歯並びが悪くなりますが、その時に小児矯正を施して歯並びをキレイにするお子さんは少なくありません。子供の時期に矯正を行うメリットは、理想的な治療が可能だという事です。それは成長期の子供ですと、アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。大人になってしまえば顎骨が固定化してしまい、歯を少し動かすだけの矯正しかできないという事があります。

小児矯正を始める時期としては、アゴの骨が成長している6歳~14歳までが適しています。上アゴと下アゴの大きさのバランスや歯とアゴの大きさのバランスをコントロールする事で、美しい歯並びはもちろん、機能的なかみ合わせや顎のシルエットも表現できます。その時についでに虫歯の予防をしてもらえば、健康な歯を得る事も可能です。

反対に小児矯正のデメリットとしては、アゴの骨の成長が終わる15歳ぐらいまでは通院が必要になり、矯正期間が長くなる事があります。また矯正中は器具のせいで虫歯になりやすいです。歯のケアを考えるならば、マウスピース矯正を選ぶ様にしてください。また骨格が安定していないという事は、矯正後にまた歯並びが乱れる心配もあります。そういった面も考慮に入れながら、適切な矯正をほどよくしてくれる歯医者さんを選びましょう。ネットの口コミや他の生の情報をたくさん集めて、丁寧な歯医者選びをしてください。

もっと見る

かかりつけの歯医者さんで定期健診をする事は大事

若い世代の方は、日ごろの忙しさもあって歯の手入れをさぼりがちだと言われています。そのような習慣は、後に加齢による黄ばみの原因になったり、歯ぐきがやせる元になります。そして治療済みの歯が虫歯になったり、歯周病が進行して口内環境が悪くなる事はよくあるのです。もちろん若い歯うちは、唾液の分泌や新陳代謝が良いために黄ばみもなく、口臭もあまり出ないものです。歯ぐきの血行が良いので、ある程度歯磨きを行っていれば、虫歯菌や歯周病菌の増加も少ないかもしれません。

だからと言って、その若さがいつまでも続く事はありません。そこで若いうちから、歯医者さんで口内ケアを丁寧に行う様におすすめします。特に30~40代では、紅茶やコーヒーに赤ワイン、それにタバコによって歯の黄ばみが進行しやすくなります。それはエナメル質が摩耗によって薄くなっているからで、象牙質の色が透けて見える為により黄ばんで見えるのです。そして磨き残しによるプラーク・歯垢の成長で歯周病も進行します。歯肉がやせれば歯の根っこが虫歯になって、土台から歯を劣化させてしまいます。

また、男性は女性のように鏡を見ませんので、もし歯の表面色や歯茎の感じが変化していても、そのサインを見逃しやすいと言います。それに歯周病のせいで口臭がきつくなるのですが、その点も気付き難いのは確かです。例えば歯が染みたが、放っておいたら治ったとします。それでも虫歯は進行をしているのです。この様に、せっかく出ているサインを見すごす方は若い世代に多いです。適切な予防策は、かかりつけの歯医者さんで定期健診をする事でしょう。

もっと見る