子供の時期に専門の歯医者で矯正治療を行うメリット

永久歯が生えそろった子供の時期に専門の歯医者で矯正治療を行うケースがあります。幼い時から虫歯があったり、乳歯からの生え変わりでトラブルが生じると歯並びが悪くなりますが、その時に小児矯正を施して歯並びをキレイにするお子さんは少なくありません。子供の時期に矯正を行うメリットは、理想的な治療が可能だという事です。それは成長期の子供ですと、アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。大人になってしまえば顎骨が固定化してしまい、歯を少し動かすだけの矯正しかできないという事があります。

小児矯正を始める時期としては、アゴの骨が成長している6歳~14歳までが適しています。上アゴと下アゴの大きさのバランスや歯とアゴの大きさのバランスをコントロールする事で、美しい歯並びはもちろん、機能的なかみ合わせや顎のシルエットも表現できます。その時についでに虫歯の予防をしてもらえば、健康な歯を得る事も可能です。

反対に小児矯正のデメリットとしては、アゴの骨の成長が終わる15歳ぐらいまでは通院が必要になり、矯正期間が長くなる事があります。また矯正中は器具のせいで虫歯になりやすいです。歯のケアを考えるならば、マウスピース矯正を選ぶ様にしてください。また骨格が安定していないという事は、矯正後にまた歯並びが乱れる心配もあります。そういった面も考慮に入れながら、適切な矯正をほどよくしてくれる歯医者さんを選びましょう。ネットの口コミや他の生の情報をたくさん集めて、丁寧な歯医者選びをしてください。