歯医者で受ける麻酔の効果時間と注意点

歯医者さんから治療の際、麻酔を受けた経験がある方は多いことでしょう。チクッと刺される痛みと麻酔が入ってくるときの押し付けられるような痛みは、なるべく経験したくないものです。歯医者さんで麻酔を受けた後の注意点は、熱や痛みを感じづらいことです。例えば、火傷するほどの熱さであったり、血が出るほどの痛みであっても麻酔が効いている時にはさほど痛みを感じません。食事をするのは、麻酔が切れた後にしましょう。

麻酔の効果時間は、大人で2~3時間、子供で子供で2時間ほど、また親知らずを抜く際の麻酔は強めのものを使用するので6時間ほどとなります。麻酔が聞いているときは、唇などを噛まないように気をつけるようにしましょう。口元の感覚が鈍っているので、誤って噛んでしまう方も多いようです。また、治療した部分を手などで触るのは避けてください。傷口を広げる原因にもなり、バイ菌が入ってしまう恐れがあります。

中には、麻酔が効きづらい場所などもありますが、歯医者さんで麻酔を使った治療をすることがわかっている場合は飲酒を控えるようにしましょう。アルコールを摂取してしまうと、麻酔を打っても効かない場合があります。治療を受ける2日前から飲酒を控えることで麻酔もしっかり効くようになります。また、妊娠されている方は妊娠していることを歯医者さんに伝えておきましょう。万が一、麻酔が胎児に影響する可能性が考えられます。注意してください。

もっと見る

キレイなダイレクトボンディングを行う歯医者を選ぶ

歯の発育が悪いと表面が凸凹になったり、大きさが揃っていないスキッ歯になったりと、審美的にも醜い歯並びになってしまう事があります。また歯が欠けたり変形したりしてしまう事もあるでしょう。こういった不揃いの歯を補修する方法にダイレクトボンディングがあります。ダイレクトボンディング法はラミネートベニア法とビルドアップ法があり、お口の中でプラスチック製の歯科用レジンを直接歯に張り付けて、形態や色を修復する治療です。

この方法のメリットは基本的に歯を削らない事です。また治療期間も1~2日で済んでしまうために、たいへん利便性が高い治療だと言えます。また適度な弾力性で周囲の歯を痛めません。破損してもリペアが簡単で、患者さんにとっては負担の少ない治療方法です。ただし噛み合わせが強い方ですとレジンが欠ける危険もありますし、将来的には変色する事もありますので、仕上がりは歯医者さんのテクニックが重要なポイントになってきます。

ダイレクトボンディング法は保険対象治療ですので、全ての歯科医院で行うことができます。ですが綺麗なダイレクトボンディングを行うためには時間が掛かりますし、保険外の質の良いレジンを使う必要があるので、特にダイレクトボンディングに力を入れている歯医者さんでは保険外治療で対応しています。費用に関しては保険適用で1000円から受けられます。例え保険外治療を選んだとしても1万円~5万円程度の費用ですので、お手軽な審美治療だと言えるでしょう。

もっと見る