キレイなダイレクトボンディングを行う歯医者を選ぶ

歯の発育が悪いと表面が凸凹になったり、大きさが揃っていないスキッ歯になったりと、審美的にも醜い歯並びになってしまう事があります。また歯が欠けたり変形したりしてしまう事もあるでしょう。こういった不揃いの歯を補修する方法にダイレクトボンディングがあります。ダイレクトボンディング法はラミネートベニア法とビルドアップ法があり、お口の中でプラスチック製の歯科用レジンを直接歯に張り付けて、形態や色を修復する治療です。

この方法のメリットは基本的に歯を削らない事です。また治療期間も1~2日で済んでしまうために、たいへん利便性が高い治療だと言えます。また適度な弾力性で周囲の歯を痛めません。破損してもリペアが簡単で、患者さんにとっては負担の少ない治療方法です。ただし噛み合わせが強い方ですとレジンが欠ける危険もありますし、将来的には変色する事もありますので、仕上がりは歯医者さんのテクニックが重要なポイントになってきます。

ダイレクトボンディング法は保険対象治療ですので、全ての歯科医院で行うことができます。ですが綺麗なダイレクトボンディングを行うためには時間が掛かりますし、保険外の質の良いレジンを使う必要があるので、特にダイレクトボンディングに力を入れている歯医者さんでは保険外治療で対応しています。費用に関しては保険適用で1000円から受けられます。例え保険外治療を選んだとしても1万円~5万円程度の費用ですので、お手軽な審美治療だと言えるでしょう。