歯医者で受ける麻酔の効果時間と注意点

歯医者さんから治療の際、麻酔を受けた経験がある方は多いことでしょう。チクッと刺される痛みと麻酔が入ってくるときの押し付けられるような痛みは、なるべく経験したくないものです。歯医者さんで麻酔を受けた後の注意点は、熱や痛みを感じづらいことです。例えば、火傷するほどの熱さであったり、血が出るほどの痛みであっても麻酔が効いている時にはさほど痛みを感じません。食事をするのは、麻酔が切れた後にしましょう。

麻酔の効果時間は、大人で2~3時間、子供で子供で2時間ほど、また親知らずを抜く際の麻酔は強めのものを使用するので6時間ほどとなります。麻酔が聞いているときは、唇などを噛まないように気をつけるようにしましょう。口元の感覚が鈍っているので、誤って噛んでしまう方も多いようです。また、治療した部分を手などで触るのは避けてください。傷口を広げる原因にもなり、バイ菌が入ってしまう恐れがあります。

中には、麻酔が効きづらい場所などもありますが、歯医者さんで麻酔を使った治療をすることがわかっている場合は飲酒を控えるようにしましょう。アルコールを摂取してしまうと、麻酔を打っても効かない場合があります。治療を受ける2日前から飲酒を控えることで麻酔もしっかり効くようになります。また、妊娠されている方は妊娠していることを歯医者さんに伝えておきましょう。万が一、麻酔が胎児に影響する可能性が考えられます。注意してください。