歯医者で歯石を取る必要性と対処法

歯石とは、歯の周りに付く白い石のようなものです。この歯石はプラーク(細菌の塊)が、唾液などによって石のように固められてしまったことでできます。しかし、ただ固まってしまっているだけでなく、歯石の中に細菌が繁殖していて、これが口臭の原因になったり、歯周病を起こす原因にもなってしまいます。歯周病は、大きな病気に繋がってしまうことがあるのでなるべく歯石は除去するべきなのです。

歯石をとってもらう時には、歯医者さんに保険が適用されるかどうかを、よく確認して除去してもらってください。理由としては、本来歯石の除去は保険が適用されない予防処置になってしまうので、場所によっては保険適用にならないところがありますので、注意してください。歯医者さんに歯石を除去してもらった後は、なるべく歯石をつくらないように、歯磨きを気をつけるようにしましょう。

歯石が付きやすい場所は、歯磨きがしづらい奥歯や頬側の歯、歯と歯の間です。磨き残しがないようにしっかりと磨いて、仕上げにデンタルフロスを使って隙間の汚れをかき出すように心がけましょう。どんなに丁寧にやっても歯石をなくすことはできませんが、少なくすることができます。綺麗で清潔な状態を保つように心がけ、定期的に歯医者さんへ行き、歯石を除去してもらうことが大切です。綺麗に歯磨きができている方であれば、歯石も柔らかく落ちやすいので費用も抑えられます。頑張って歯の手入れをしてください。

もっと見る

日頃から肩こりや偏頭痛でお悩みの方は歯医者で矯正治療を!

日頃から肩こりや偏頭痛、首の痛みなどに悩まされている方に、実は歯の噛み合わせが悪い方がいます。要するに顎が的確に動かない事で、首や肩の筋肉が偏った動きをしてしまい、慢性的な筋肉痛・関節痛を起こす事があるのです。例えば、不自然な噛み合わせで顎に負担が掛かり、側頭筋が緊張して筋肉硬直になって頭痛が起こります。また肩こり・首の痛みも頭痛と同じで、顎から肩にかけての筋肉硬直で、首の筋肉に血行障害が発生して肩こりになります。

それから噛み合わせが悪いと、耳鳴りや不眠症の原因になります。噛み合わせの悪い方は顎が後方へズレているケースが多く、耳の管が下顎によって圧迫されてしまいます。そうすると耳鳴りが発生して、頭痛も伴う事でしょう。また不眠症も噛み合わせの悪さから来ます。過度な噛み動作で余計な量のアドレナリン分泌を促し、脳細胞が活性化されて寝付けなくなるのです。寝ている間に歯ぎしりをする方は、かかりつけの歯医者さんなどで矯正治療を受ける様にしてください。それでほぼ完治します。

女性の方で生理痛や生理不順もかみ合わせの悪さから来ているケースがあります。それが証拠に、歯列矯正治療を受ける事で治っている方がたくさんいるのです。そしてイライラやボンヤリも噛み合わせがズレている事で起こる可能性があります。この様に顎関節症から生じる不快症状は、不正な噛み合わせによる頚椎のねじれが原因でしょう。それによって自律神経系に異常をきたし、体内環境を不安定にしている事も報告されています。もし噛み合わせが悪くて体調不良を感じている方は、歯医者さんで矯正治療をする様にオススメします。

もっと見る