歯医者で歯石を取る必要性と対処法

歯石とは、歯の周りに付く白い石のようなものです。この歯石はプラーク(細菌の塊)が、唾液などによって石のように固められてしまったことでできます。しかし、ただ固まってしまっているだけでなく、歯石の中に細菌が繁殖していて、これが口臭の原因になったり、歯周病を起こす原因にもなってしまいます。歯周病は、大きな病気に繋がってしまうことがあるのでなるべく歯石は除去するべきなのです。

歯石をとってもらう時には、歯医者さんに保険が適用されるかどうかを、よく確認して除去してもらってください。理由としては、本来歯石の除去は保険が適用されない予防処置になってしまうので、場所によっては保険適用にならないところがありますので、注意してください。歯医者さんに歯石を除去してもらった後は、なるべく歯石をつくらないように、歯磨きを気をつけるようにしましょう。

歯石が付きやすい場所は、歯磨きがしづらい奥歯や頬側の歯、歯と歯の間です。磨き残しがないようにしっかりと磨いて、仕上げにデンタルフロスを使って隙間の汚れをかき出すように心がけましょう。どんなに丁寧にやっても歯石をなくすことはできませんが、少なくすることができます。綺麗で清潔な状態を保つように心がけ、定期的に歯医者さんへ行き、歯石を除去してもらうことが大切です。綺麗に歯磨きができている方であれば、歯石も柔らかく落ちやすいので費用も抑えられます。頑張って歯の手入れをしてください。