歯医者でドックスベストセメントをリクエストしてみましょう

虫歯治療で神経を抜いてしまうと、その歯は活力を失い劣化を始めていきます。基本的に神経を抜いた歯の寿命は短くなるとされています。生涯をご自分の歯で生活したいと望んでいる方にとっては、歯医者さんで神経を抜くのは考え物だと言えます。そこでなるべく神経を抜かずに虫歯治療をする技術が研究されてきました。その中でも実績から評価が高いのがドックスベストセメント治療です。虫歯になっている患部にドックスベストセメントという治療薬を詰めて治します。

この薬は名前の通りセメント状ですので、患部にパテを塗る要領で治療をします。そのために歯を削る工程は無くなりました。もちろん麻酔も使いません。治療も簡単でかつ費用がかなり軽減できるメリットを持っています。そして治療薬とはいっても、3mix法のような抗生物質とは違い、健康面の副作用も心配がありません。ドックスベストセメントは人間の血液中の抗菌力とミネラルの効果で虫歯菌を殺菌していきます。そして薬自体が元のような硬い歯質を再生する助けをします。

これまでにほとんどのケースで、神経を取らずに適切な治療がなされています。その安全性は確かだと言えるでしょう。公式のデータでも、ドックベスト法によって歯の神経を取るケースが5分の1に削減できたと言われています。この様に簡素な虫歯治療が可能になったことは、たいへんに喜ばしい事です。もし虫歯治療で歯医者さんを訪れる時は、是非ドックスベストセメントをリクエストしてみて下さい。

もっと見る

歯医者で歯石を取る必要性と対処法

歯石とは、歯の周りに付く白い石のようなものです。この歯石はプラーク(細菌の塊)が、唾液などによって石のように固められてしまったことでできます。しかし、ただ固まってしまっているだけでなく、歯石の中に細菌が繁殖していて、これが口臭の原因になったり、歯周病を起こす原因にもなってしまいます。歯周病は、大きな病気に繋がってしまうことがあるのでなるべく歯石は除去するべきなのです。

歯石をとってもらう時には、歯医者さんに保険が適用されるかどうかを、よく確認して除去してもらってください。理由としては、本来歯石の除去は保険が適用されない予防処置になってしまうので、場所によっては保険適用にならないところがありますので、注意してください。歯医者さんに歯石を除去してもらった後は、なるべく歯石をつくらないように、歯磨きを気をつけるようにしましょう。

歯石が付きやすい場所は、歯磨きがしづらい奥歯や頬側の歯、歯と歯の間です。磨き残しがないようにしっかりと磨いて、仕上げにデンタルフロスを使って隙間の汚れをかき出すように心がけましょう。どんなに丁寧にやっても歯石をなくすことはできませんが、少なくすることができます。綺麗で清潔な状態を保つように心がけ、定期的に歯医者さんへ行き、歯石を除去してもらうことが大切です。綺麗に歯磨きができている方であれば、歯石も柔らかく落ちやすいので費用も抑えられます。頑張って歯の手入れをしてください。

もっと見る

キレイなダイレクトボンディングを行う歯医者を選ぶ

歯の発育が悪いと表面が凸凹になったり、大きさが揃っていないスキッ歯になったりと、審美的にも醜い歯並びになってしまう事があります。また歯が欠けたり変形したりしてしまう事もあるでしょう。こういった不揃いの歯を補修する方法にダイレクトボンディングがあります。ダイレクトボンディング法はラミネートベニア法とビルドアップ法があり、お口の中でプラスチック製の歯科用レジンを直接歯に張り付けて、形態や色を修復する治療です。

この方法のメリットは基本的に歯を削らない事です。また治療期間も1~2日で済んでしまうために、たいへん利便性が高い治療だと言えます。また適度な弾力性で周囲の歯を痛めません。破損してもリペアが簡単で、患者さんにとっては負担の少ない治療方法です。ただし噛み合わせが強い方ですとレジンが欠ける危険もありますし、将来的には変色する事もありますので、仕上がりは歯医者さんのテクニックが重要なポイントになってきます。

ダイレクトボンディング法は保険対象治療ですので、全ての歯科医院で行うことができます。ですが綺麗なダイレクトボンディングを行うためには時間が掛かりますし、保険外の質の良いレジンを使う必要があるので、特にダイレクトボンディングに力を入れている歯医者さんでは保険外治療で対応しています。費用に関しては保険適用で1000円から受けられます。例え保険外治療を選んだとしても1万円~5万円程度の費用ですので、お手軽な審美治療だと言えるでしょう。

もっと見る

最新虫歯治療で歯の寿命を延ばす歯医者さん

近年の歯医者さんは、なるべく自分の歯を残す方向で虫歯治療を行う様になりました。例えば初期虫歯についてみますと、従来ならば歯の表面のエナメル質で繁殖している虫歯菌を削り取り、セラミックや金属で被せ物をしました。ですが、これですと削った表面と被せ者の隙間から再び虫歯菌が繁殖して、更に削り直さなければならないのです。そこで最新治療として、唾液検査を行って虫歯菌が繁殖し難い環境づくりをします。実は虫歯菌は歯磨きやフッ素カーバーでは予防ができません。ちゃんと唾液検査で虫歯の原因を突き止めて、効果的な虫歯予防を採るならば、虫歯の発生を防げることが分かってきました。これが新しい虫歯予防策です。

また、ある程度虫歯が進行してしまった場合は、できるだけ小さな穴から虫歯菌を除去するためにマイクロスコープを使う方法があります。こちらも最新治療法で、多くの歯医者さんで導入されつつある技術です。要するに歯医者さんが顕微鏡を見ながら虫歯治療をします。従来の様に大幅に歯を削り取る事がありませんので、歯の寿命が格段に延びる効果が得られます。

そして歯の神経近くまで進んだ虫歯の場合も、最新治療が開発されています。従来なら歯の神経を抜いていた治療でも、現在では神経を再生させる治療が可能です。MTAセメントを使って神経に入り込んだ虫歯菌を殺菌し、自己再生力を活性化させて歯を再生させるのです。この様に「生涯を自分の歯で生きるための口内ケア」が積極的になされています。もう歯を抜く時代は終わりつつあると言えるかもしれません。

長崎市で最新の設備がある歯医者

垂水区(神戸市)で有名な歯科医院

もっと見る

根管治療は専門の歯医者でなければ治る確率が低くなる

歯医者さんでは、歯の神経を削り取った場合は根の中を消毒し、長く使うために根管治療を行います。しかし根管治療は歯の中の見え難い部分を施術する治療方法で、根管治療専門医が行わなければ治る確率が低くなってしまうので要注意なのです。この根管治療が正確に行われないと何度も感染し、治療を繰り返す結果になります。もちろんその分だけ、歯の寿命も短くなってしまうのです。

最新治療では根管を3次元的に診断するCTレントゲンを使用します。これで複雑な歯の形を正確に診断して適切な治療が可能になりました。2次元レントゲンでは不充分な制度の高い治療を可能にしています。そしてマイクロスコープによる超精密根管治療を行います。最近ではこの最新技術を利用する歯医者さんが増えています。大きな外科手術と同様の手法で治療がなされるのですから、その精度に関しては信頼ができます。こうして完全に歯の根管を滅菌して、密閉する事で再感染を防ぎます。

そして更に唾液検査をもって、口内環境を改善する治療を合わせて行います。根管治療専門の歯医者さんはラバーダムというゴム状の板を被せて、唾液が歯の根管に入り込まないよう処置をします。また、歯の再生力が高いMTAセメントなどの新素材も効果的に利用されて、できる限り元々の歯を損なわない治療技術が開発されています。これまでは、高齢になれば入れ歯を使うのが当たり前だとされていました。ですが現在では生涯を自分の歯で生活する希望が現実味を帯びてきたのです。

もっと見る