歯医者で矯正していると知られ難いマウスピース矯正

金属やセラミックといった違和感のある器具を使わずに、スマートに行える歯並び矯正法があります。それは透明のマウスピースを使った矯正法で、1日数時間の装着で矯正を行う事が可能です。アライナーという透明のマウスピースを被せて、2週間毎に歯医者で新しいアライナーに交換しながら、徐々に歯の位置を移動させて行います。この方法ですと治療期間が約半年~2年ですみます。また、他の矯正法は治療が終了するまでは装置を着け放しにしますが、マウスピースは毎日10時間から20時間の装着で、それ以外は自分で外しても良い事になっています。これはかなり治療が楽になります。また透明ですので矯正をしていることがほとんど分かりませんので、治療中の私生活への支障が少ない方法だと言えます。

ただし、マウスピース矯正は歯を抜かなくても済む様な、比較的簡単な矯正治療にしか適用できないというデメリットがあります。あるいは通常のワイヤーを使った矯正と併用しなければならない点も知っておきましょう。それから2週間に1度はアライナー交換のために通院をしなければなりませんし、装着をサボると期間が長くなってしまうデメリットがありますので、この方法を選ぶ際には歯医者さんとの事前相談を丁寧に行いましょう。

マウスピース矯正の費用に関しては、基本料として40万円前後(2016年度現在)が掛かります。これは上下とも矯正を行った場合です。それに診査・診断料として3~10万円、アライナー調整料が1回3000円~1万円と別途掛かってきます。要するに治療費はトータルで60万円~80万円(2016年現在)が相場です。

もっと見る

まずは歯医者さんに噛み合せの矯正治療を相談する!

噛み合わせの悪い方は、お口全体のバランスを崩している事が多いです。それによって知覚過敏や歯の揺れ、あるいは歯槽膿漏や歯周病・虫歯などの歯科疾患を促進させている事があります。また噛み合わせのズレは、顔の歪みを生じさせる事もあります。酷い時は全身の歪みにもなりますので、十分にご注意ください。

噛み合わせの悪い方は、日常的に咀嚼が不安定になっている事で、さまざまな障害が発生します。一般的に虫歯や歯周病は菌による感染が主な原因ですが、その菌の繁殖を促進してしまう原因に噛み合わせの悪さがあります。例えば過去の治療で奥歯を治療した時に被せ物の高さが合っていないと、奥歯への負担が増して歯周病や虫歯に成り易いとされています。また歯が欠けたり割れたりする原因にもなります。この過度な力が歯槽骨を損傷させて、歯茎が下がって知覚過敏にもなります。

また、悪い噛み合わせで食生活を続けるうちに、場合によっては顎の位置が大きくずれてしまいます。そして顎の関節の負担が限界を越した時点で顎の関節炎などの大きな障害へとつながります。噛み合せのズレの程度にもよりますが、小さいからと言って放置しておくと、思わぬ障害に合う可能性が十分にあるのです。ですから、できる限り早く専門の歯医者さんに診察をお願いして、適切な治療をしてもらう様におすすめします。高齢になればなるほど、弊害は大きな形で現れる傾向があります。すぐに矯正治療をするのが難しいのであれば、歯医者さんに顎の負担を軽減してもらう様に相談してみて下さい。

もっと見る

日頃から肩こりや偏頭痛でお悩みの方は歯医者で矯正治療を!

日頃から肩こりや偏頭痛、首の痛みなどに悩まされている方に、実は歯の噛み合わせが悪い方がいます。要するに顎が的確に動かない事で、首や肩の筋肉が偏った動きをしてしまい、慢性的な筋肉痛・関節痛を起こす事があるのです。例えば、不自然な噛み合わせで顎に負担が掛かり、側頭筋が緊張して筋肉硬直になって頭痛が起こります。また肩こり・首の痛みも頭痛と同じで、顎から肩にかけての筋肉硬直で、首の筋肉に血行障害が発生して肩こりになります。

それから噛み合わせが悪いと、耳鳴りや不眠症の原因になります。噛み合わせの悪い方は顎が後方へズレているケースが多く、耳の管が下顎によって圧迫されてしまいます。そうすると耳鳴りが発生して、頭痛も伴う事でしょう。また不眠症も噛み合わせの悪さから来ます。過度な噛み動作で余計な量のアドレナリン分泌を促し、脳細胞が活性化されて寝付けなくなるのです。寝ている間に歯ぎしりをする方は、かかりつけの歯医者さんなどで矯正治療を受ける様にしてください。それでほぼ完治します。

女性の方で生理痛や生理不順もかみ合わせの悪さから来ているケースがあります。それが証拠に、歯列矯正治療を受ける事で治っている方がたくさんいるのです。そしてイライラやボンヤリも噛み合わせがズレている事で起こる可能性があります。この様に顎関節症から生じる不快症状は、不正な噛み合わせによる頚椎のねじれが原因でしょう。それによって自律神経系に異常をきたし、体内環境を不安定にしている事も報告されています。もし噛み合わせが悪くて体調不良を感じている方は、歯医者さんで矯正治療をする様にオススメします。

もっと見る

子供の時期に専門の歯医者で矯正治療を行うメリット

永久歯が生えそろった子供の時期に専門の歯医者で矯正治療を行うケースがあります。幼い時から虫歯があったり、乳歯からの生え変わりでトラブルが生じると歯並びが悪くなりますが、その時に小児矯正を施して歯並びをキレイにするお子さんは少なくありません。子供の時期に矯正を行うメリットは、理想的な治療が可能だという事です。それは成長期の子供ですと、アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。大人になってしまえば顎骨が固定化してしまい、歯を少し動かすだけの矯正しかできないという事があります。

小児矯正を始める時期としては、アゴの骨が成長している6歳~14歳までが適しています。上アゴと下アゴの大きさのバランスや歯とアゴの大きさのバランスをコントロールする事で、美しい歯並びはもちろん、機能的なかみ合わせや顎のシルエットも表現できます。その時についでに虫歯の予防をしてもらえば、健康な歯を得る事も可能です。

反対に小児矯正のデメリットとしては、アゴの骨の成長が終わる15歳ぐらいまでは通院が必要になり、矯正期間が長くなる事があります。また矯正中は器具のせいで虫歯になりやすいです。歯のケアを考えるならば、マウスピース矯正を選ぶ様にしてください。また骨格が安定していないという事は、矯正後にまた歯並びが乱れる心配もあります。そういった面も考慮に入れながら、適切な矯正をほどよくしてくれる歯医者さんを選びましょう。ネットの口コミや他の生の情報をたくさん集めて、丁寧な歯医者選びをしてください。

もっと見る

インプラント矯正は実績のある歯医者さんで!

もし歯並びの悪い方が専門の歯医者さんで矯正治療を行うならば、クリニック選びは可能な限り慎重に行う様におすすめします。もし不適切な治療を受けてしまえば、歯並びが綺麗に整わなかったり、いつの間にか歯並びがもとに戻ってしまう事もありますし、また治療中に激しい頭痛や肩こりに悩むケースもあります。ですから技術の不十分な歯医者さんで矯正治療を行うのは避けましょう。

現在ではいくつかの優れた矯正治療が開発されています。従来のワイヤー矯正は治療費が安いので選びやすいですが、治療中は口を開けた時の表情が醜く、痛みもかなりあります。また治療期間が数年単位と長いために、それなりの覚悟が必要です。まず、目立たない矯正治療として舌側矯正・裏側の矯正を選ぶ方が多くなっています。ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側で装着します。表側からは矯正をしている事が分からなくなり、審美的には効果の高い方法です。ですが矯正器具の違和感が強く、治療期間も長いというデメリットは変わりません。また治療費が割高になるのも知っておきましょう。

現在もっとも注目されている矯正治療はインプラント矯正です。治療費用は数十万円~百万円にも上りますが、治療期間が約半分ほどに短縮されて、しかも的確で美しい矯正結果が得られます。そして、このインプラント矯正と舌側矯正と同時に行う歯医者さんもあります。この方法ならば治療中も他の人に不快感を与えずに、しかも痛みがかなり軽減できます。短期間で理想の歯並びが得られるのは大きな魅力になっています。ただし、まだ新しい技法のために、充分な技術をもった歯医者さんを選ぶ必要があります。

もっと見る

短期間治療のクイック矯正には腕の良い歯医者を!

歯並びの矯正治療を専門の歯医者さんで行う場合、その方法を選ぶのは大事なポイントになります。従来型のワイヤー矯正や最新技術のインプラントやマウスピースによる矯正も評判です。その中でも簡単で素早い方法にクイック矯正・補綴矯正があります。クイック矯正とは、ラミネートベニアやクラウンなどの人工歯を使用する方法です。他の矯正ならば2~3年は掛かるところを、この方法ですとたった2週間もあれば矯正できるのです。

クイック矯正の費用は、例えば上の前歯6本をラミネートベニアで治療した場合に、1本8万円として6本で48万円ほどで完了します。またクラウンの場合でも、歯の方向を変えるための土台の整形が1本当たり2万円の6本で12万円と、セラミックのクラウンが1本12万円の6本で72万円掛かりますので、合計84万円の費用になります。この様に費用面ではやや高額になると言えるでしょう。

また、クイック矯正は並びの悪い歯を削ったり、歯髄を取ってしまったりと歯自体を欠損させる技法です。その為に治療後に虫歯や歯根の病気などの症状が発生した場合は、初めから作り直しが必要になるデメリットがあります。そして長年の時間の経過で歯茎が下がり、不整合が目立ってきて審美性が悪化する点も知っておきましょう。この様なトラブルの可能性もありますから、施術には十分な注意が必要になります。もし実行なさる際は腕の良い歯医者さんを選び、充分に話し合った上で行う様にオススメします。

もっと見る